mahopower31.work

派遣エンジニアが思ったことを書いていくブログです

技術者派遣の紹介記事を見かけて思ったこと

monoist.atmarkit.co.jp

 

Monoistで情報収集をしていたら技術者派遣に関する記事がありました。

 

自己紹介でも、このブログの説明でも書いていますが、私は技術者派遣の会社で派遣エンジニアとして働いています。入社後は自動車関係のプロジェクトに就業し、これまで5つの案件に就業した経験があります。今回はそんな私がこの記事を見て思ったことを書いていこうと思います。

 

記事の内容色々

雇用形態

技術者派遣は派遣会社の正社員として雇用されるのが一般的である。派遣先との契約が終了しても派遣会社の社員であることは変わりない。

 

技術者派遣のメリット

業界のニーズに応じて派遣先を変えられる。

余剰があっても開発案件を請負い、社内開発や外部に対して教育・実習ができる

メーカーのように1つの業界に左右されることなく人を柔軟に配置できる

給与はエンジニアの能力評価で決まる

営業が定期的に訪れてフォローに応じてくれる

ずっとエンジニアでいることができる。

教育・研修も充実している。

 

技術者派遣のデメリット

同じ職場でずっと仕事をするのが難しい。

職場、勤務地が一定期間で変わる。

モノづくりのプロセスのうち、関われるのは開発以降であるケースが多い。

製品のコンセプト設計から完成まで、一貫して関わりたいという人には不向き。

 

感想

ほとんどはこの記事の通りとは思いましたが、少し補足が必要になるな~と思いました。特に気になった2つについて書いてみました。

 

マネジメント側に回らず、エンジニアでいることができる。

実はこれは技術者派遣の会社によって大きく変わります。

派遣エンジニアにもマネジメント業務を行う場合はあります。

 

例えば私がいる派遣会社は、派遣先組織とは別に派遣エンジニアだけのチームがあります。チームといっても派遣先も違えば業務内容も違うため、関わる機会はあまりありません。会うとしても月に1回の派遣会社の定例会くらいですね。

 

その定例会を開き、進行役として進めていくのが、マネジメント側の業務の1つです。それ以外にも配下となった人の技術力向上に関わる戦略についても考えたりしているみたいです。※ちなみにそのまとめ役の方は役職者としての手当ても貰えています。

 

前向きに考えれば、広い経験が出来るともいえますが、後ろ向きに考えると、非常に忙しくなってしまいます。いわずもがな派遣エンジニアの仕事+派遣会社の仕事が入る訳ですからね。

 

その場合は派遣先から帰った後に、派遣会社の仕事を進めていくことになります。派遣先がお金を払っている時間帯に進める訳にはいかないです。また、派遣先の休日でも派遣会社に出勤し、会議に参加というのもよくあるそうです。

 

ただ、最初にも書きましたがこの体制というのは派遣会社で大分違います。

この記事のメリット通り、技術業務のみを進めていくところも勿論あります。なので、技術者派遣を選ぶ場合は派遣エンジニアだけの組織があるのか?というのも事前に確認しておいたほうがよいと思います。

 

給与は年功序列ではなく、エンジニアの能力を細かく評価されている

エンジニアとしての能力+αが必要です。その+αとは何?というと「全くわからない人に対してわかりやすく伝える力」です。

 

上記でも書きましたが評価する方は大体、派遣先技術業務に関わったことがない人です。そのため、専門的な知識についてもわからないことがほとんど。なので、未経験者でも理解できるよう、筋道をたて説明する力も必要になります。

 

また、技術力が上がっただけでは給与は増えません

派遣社員の給与は派遣会社と派遣先で組まれる単価で決まりますが、この単価というのはスキルが上がったとしても、最初に決まった金額から大きく増えることはありません。(1年で数十円UPくらいです)

 

なので、給与を増やしたい場合はスキルアップが出来たと認識した時点で、別の派遣先に移る必要があります。そうすると「技術力向上の証拠を残したスキルシート」を持ち込み、面談をするということになるので、それを基としたより高い単価で派遣契約をすることが可能になります。(実際私はそれで単価500円以上増えた経験があります)

 

おわりに 

確かにデメリットがあることはありますが、それは技術者派遣であろうとメーカーだろうと同じです。それよりも大事なのはちゃんとそれぞれの特徴を見た上で就職先、転職先を決めることではないのかな?と思います。

 

元々私は業界業種に捕らわれず色んな仕事を知りたいという理由で技術派遣会社を選んでいます。逆に業界や業種にこだわりのある人にとっては大変な所です。その点を注意したほうがいいと思います。