mahopower31.work

派遣エンジニアが思ったことを書いていくブログです

仕事に対する考えと精神的な強さはブラック部署に教えてもらった

news.mynavi.jp

 

 

私は某自動車メーカーの派遣社員として約5年半勤務していますが、その内4年はブラック部署に配属されていました。

経験者として精神面は本当に鍛えられる場所だと思います。

 

振り返るとこんな経験をしていました。

 

以下、前の派遣先の経験

勤務時間は7時から22時。

内2時間はサービスで昼休憩はあったりなかったり。

 

派遣先部署から仕事の進め方のレクチャーはなし。

初日から製造現場で実験指揮をやってました。

(最終的には4つの現場に行きました)

 

メインの仕事は市場不具合対応で、当初の製造日程や実験日程を崩して、原因調査をしてくれないかという交渉をやっていました。

 

なので、本来は不具合を起こした製品の内容を詳しく知らなければいけないのですが、上述の通り全然内容を教えてもらえないので交渉が上手くできず、大体はお前の都合で語るなと怒鳴られていました。

 

勿論、そうならないように業務依頼が来た時点で仕事の仕方を派遣先上位者に相談しているのだけれど、それも拒否されていた。

 

理由は一般常識だから。

 

出張して仕事しているとメールで赤文字、太字の最大サイズで送られたりしたこともありました。

 

一般常識では◎◎なのですが、なぜそんな簡単なことができないのですか?

↑こんな感じ。

 

口頭相談の場合も会議席や机を台パンしながら怒鳴られていた。

依頼内容が理解できず、止まっていたときも「ヘジってんじゃねーよ!」(hesitateが由来)てってこともあった。

指を差されてこいつ扱いされたり、成果が出せない結果、ついに殺すと脅されたりもしました。

 

そして派遣会社の営業には仕事をする姿勢がないというクレームも来ましたね。

自社に呼び出されて、日程管理指導を受けたこともありました。

 

でも、派遣先のセクハラ・パワハラ防止研修期間中は優しかったですよ。

(ハラスメントと認識してやっていたんかい!) 

 

結局、最後までこの派遣先では技術的内容も事務的な業務も一切教えてもらえませんでした。派遣先独自のルールも用語も教えてもらえず、独学でやっていました。

必然的に習得も遅くなり、仕事をしたくても出来ないのが大変でした。

 

そんな中でも何とかやれたのは、仕事に関わっている関連会社の人が親切だったからです。前の派遣先上位者は周りからも評判が悪かったため、状況を理解してくれた方が助けてくれました。

 

現場の人も基本は厳しいのですが、事情を知ってもらえると協力してくれました。

担当製品の構造は派遣先ではなく、現場から教えてもらいましたね(笑)

そして、現場のリーダーや部品会社の責任者からは派遣先を離れることを強く勧めていました。

 

今思うと本当にその通りにすべきでした。

当時はこの状況は自分の実力不足が原因と考えて我慢して続けたけど、結局クレームは解消にならなかったし、派遣会社の研修施設で事実を話しても聞いてもらえず、口答えするダメ人間扱いされていたしなぁ。

人によっては、そんなのは当たり前だという講師もいました。

 

結局、クレーム克服対応は書かれているクレームが正しいという前提での対応だったので、本当にイライラしました。

 

ブラックな期間で得られたもの

・メンタルの強さ

・最低限のコミュニケーション能力

・仕事に対する新たな考え方

 

とにかく切羽詰まった状態でメール、電話、現場訪問をやっていたので精神面は大分鍛えられましたね。

 

そして、最後の仕事に対しての考え方を得られたのが本当によかった。

 

成果を出すために一生懸命努力した上で、どうしようもないときは逃げていい。

現状を他の人に相談したところで環境そのものが変わる訳でもないですし、 最悪の場合は事実が歪められ、悪者にされることもあるという事が理解出来ました。

 

今は同じ会社の別部署に派遣されており、何も教えてもらえないという事はないのですが、組織体制が変わることでいつ同じ状況になるかは判りません。

いざ似たような場面に直面した時は、経験を活かした柔軟な動きをしていきたいものです。