mahopower31.work

派遣エンジニアが思ったことを書いていくブログです

社会人(派遣社員)、臨床工学技士養成校を受験しました

タイトルの通り、無事受験終わりました。

振り返りも含めてブログに記録を残していこうと思います。

 

選考内容

面接と小論文です。

時間は大体1時間くらい(面接15分くらい→小論文45分くらい)だったと記憶しています。

ざっと見る限り私以外は高校生。着てるの制服っぽいし。

その中でたった1人スーツで待機していたのは何だか不思議な感じがしました。 

 

面接

教員3名と受験者1名の対面で行いました。

受験者共通の質問と思われるものと願書に書かれている質問と半々くらいでした。

質問事項はこんな感じ。

 

・臨床工学技士をどうやって知ったの?

・なぜ臨床工学技士を目指したいと思ったの?

・なぜこの学校を選んだの?

・今の仕事は何をやっているの?

・合格した場合、今の仕事はどうしますか?

・ここまでどうやってきましたか?

・学費はどうやって払いますか?

・大学時代の卒業研究について教えてください

・年齢を重ねていると不利ですが、他でアピールできるところは?

・健康ですか? 

 

小論文

過去問の通り、制限時間内に指定の文字数で自分の考えを述べなさいというものでした。

少しだけ焦ったのはメモ用紙は最初なかったということですね。話をしなければ原稿用紙に書きつつ修正という方法で進めるところでした。

 

振り返り

正直受かるかどうかは微妙ですね…。

特に小論文が失敗してしまいました。

 

面接について

大方、対策通りの質問が来たので、無事に答えることが出来たのは本当に良かったです。ただ、大学時代の研究について聞かれたのは少し驚きましたね…。

 

願書に「かつて医用生体工学を勉強していた」と書いていたのが原因とは思いますが、卒業から結構経ってしまっているので、専門知識を持っている人に正しく伝えることが出来るのか?少し不安でした。

 

答えたときに教員の方から「おぉ…」と反応してもらえたのがプラスの反応であることを信じたいです。 

 

後は私自身が健康かを結構詳しく質問されたのが印象的でした。やはり医療に従事するものとしては心身の健康は大事ということですかね…。

 

小論文について

やらかしました。少しだけ文字足りていないです。

特別難しい問題だったかと言えばそんなことはないですね。基本に従えばちゃんと解ける問題でした。これは単純に私の勉強不足です。

 

 

選考結果は来週中に速達で来るとのこと。

合格しようと、不合格になろうと報告はしたいと思います。